未分類の最近のブログ記事

「松前神楽上演」終了いたしました

10月15日(土)、奉行所大広間にて国の重要無形民俗文化財の「松前神楽」を上演いたしました。お客様の要望に応え2年ぶりの上演です。

当日は、天気にも恵まれ南庭の雨戸も全開し暖かい日差しが差し込む中、松前神楽連合保存会の皆さんによる舞を楽しんでいただきました。1回目、2回目ともに盛大な拍手で終了いたしました。

利生舞(りしょうまい)は、神々に初穂を献じ、鎮魂を祈る舞です

 

福田舞は、両手に御幣を持ち四方四隅を祓い清める舞で、五穀豊穣を祈念するものです

 

松前神楽の演目の中で、一番の盛り上がりをみせる獅子舞。獅子が会場のお客様の頭を噛んで邪気を食べてくれます!

 

「松前神楽上演」開催のお知らせ

令和4年10月15日(土)箱館奉行所大広間にて、

「松前神楽上演」を開催いたします。

 

日時:令和4年10月15日(土)

   ①午後1時30分~午後1時45分 ②午後2時00分~午後2時15分/入替制

場所:箱館奉行所 大広間

定員:各回30名

 

ご観覧には入館料のみ必要です。

ご観覧ご希望の方は、各回の開演1時間前より整理券を配布いたしますので、箱館奉行所受付までお越し下さい。

上演時間帯は、通常のご入館・ご見学いただくお客様をお迎えしながらの上演となりますが、着席できるお席もご用意いたします。

なお、ご着席は上演時刻の15分前からですが、整理券番号順にご案内いたします。

 

※専用の駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用下さい。

また、新型コロナウイルス感染予防対策としまして、入館時にアルコール手指消毒・マスクの着用等ご協力をお願いいたします。

皆さまのご来館、心よりお待ちしております。

10月1日(土)13:00~「奉行所で秋を楽しむ」体験講座ランプシェードづくり を開催いたしました。

5名の方がご参加され、ランプシェードづくりがスタート。

膨らませた風船に、小さく切った半紙を水溶きボンドで貼り付けていきます。

何枚も何枚も貼り重ねて風船全体を半紙で覆います。

三角に切った色紙、四角に切った色紙から好きな色を選んでいただき、模様を付けていきます。

模様付けには皆様それぞれに個性が出ますね。

模様を付け終わったら、そのままお持ち帰りいただき、丸一日程度しっかりと乾燥させ、

乾いた後に風船を割って取り除くと丸い形のランプシェードが出来上がります。

ろうそくの炎のようにゆらゆら点灯するLEDを一緒にお持ち帰りいただきましたので、

ご自宅でLEDに被せていただいて完成形となります。

 

ちなみにスタッフが作ってLEDに被せてみたのがこちらです。参考までに。

 

約1時間半の講座で、ご参加された皆様は和気あいあいと楽しそうにランプシェードづくりに

励まれてました。

完成したランプシェードは是非ご自宅で飾ってくださいね♪

 

 

 

9月3日(土)、講師に樹木医の山上勝治氏を迎え、「奉行所で秋を楽しむ~樹木医と巡る五稜郭の赤松と桜」の講座を開催いたしました。

前半は奉行所内で赤松の現況や害虫等のお話をお聞きし、後半は公園内の赤松や桜の説明を聞きながら巡りました。

参加された皆様は、先生のお話を熱心に聞いていらっしゃったり、メモを取ったり、充実した楽しい時間を過ごされたようです。

奉行所内でお話を熱心に聞く様子。

健康状態を診るチェックポイントをお話いただきました。

キノコだったり、切り残しの枝や蟻の排泄物だったり・・・

幹にキノコ発見!

いちばん最近倒木した赤松の大きな切り株

自然再生しようとする桜の生命力は凄いですね!

この講座を通して、参加された皆様の樹木に対する視線が少し変わったのではないでしょうか。

これからも暖かく見守ってあげたいですね!

9月3日(土)、「奉行所で秋を楽しむ~樹木医と巡る五稜郭の赤松と桜~」を開催いたします。

毎年、五稜郭の赤松の生育診断をしている「樹芸やまのえ」樹木医・山上勝治氏による座学の後、郭内を散策しながら樹木の見方やポイント等を教わります。

 

日 時:令和4年9月3日(土) 13:30~15:00

場 所:箱館奉行所 近習詰所と五稜郭公園内

参加料:入館料のみ

定 員:10名

申込み:8月22日(月)9:00~電話受付(先着順)

※お申込み電話番号 0138-51-2864(受付時間9:00~17:00)

開館記念日事業「アイヌの歌と踊り」終了しました

7月29日(金)は、箱館奉行所が2010年に開館して12周年の記念日でした。記念事業として、大広間におきまして「アイヌの歌と踊り」を開催いたしました。

NPO法人民族歌舞団こぶし座の皆さんによる、アイヌに伝わる伝統的な弦楽器「トンコリ」の演奏や、祖先からの言い伝えを意味する「ウパシクマ」、竹で作られたとても小さな楽器で口にあてて口腔で音響させる「ムックリ」の演奏、観覧者と一緒に「ウポポ」を歌い、最後は親子ヅルの踊り「フントリ フンチカプ」が披露され、多くの拍手をいただき好評裏に終了いたしました。アイヌの伝統文化を楽しく学ぶことができたひと時でした。

コロナ禍の影響で今回は整理券での観覧者限定30名と、間隔を空けての少ない着席数で開催しました。一日も早いコロナ感染の終息を願うばかりです。

また、ご来館先着100名様への「オリジナルポストカード」プレゼントは、開館後90分ほどで終了する盛況ぶりで、スタッフも涼しげな浴衣でお出迎えし和の雰囲気を演出しました。

この日はお天気も良く、大広間へは清々しい風が吹き込んでいました。一日を通して多くの方が来館され、箱館奉行所の風景を楽しんでいただけた様です。

本年は、「五稜郭跡」が国の特別史跡指定を受けて70周年という節目の年でもあります。

今回の公演は、箱館奉行所が五稜郭に移転した当時に起きた外国人によるアイヌ人骨盗掘事件を、箱館奉行小出大和守秀実が粘り強い交渉により解決に導いた歴史背景、また明治時代の北海道を舞台にアイヌ文化が丁寧に描かれている漫画「ゴールデンカムイ」が、全国の若い世代を中心に人気を呈していること、そしてアイヌの精神性が、年々話題性が高まる「SDGs」の掲げる課題解決にまさに符合するなどを鑑み、計画実施に至りました。

こぶし座の皆様、心にそっと触れられるような素晴らしい公演、ありがとうございました。

伝統的な弦楽器トンコリの演奏

ウパシクマ「薬草の話」

ムックリの演奏

ウポポの様子

フントリ フンチカプ「親子ヅルの踊り」

 

開館記念日事業「アイヌの歌と踊り」開催のご案内

令和4年7月29日(金)午後2時から、箱館奉行所大広間におきまして、民族歌舞団こぶし座による「アイヌの歌と踊り」を開催いたします。

 

日時:令和4年7月29日(金) 午後2時から(30分程度)

場所:箱館奉行所大広間

定員:30名(予定)

 

ご観覧には入館料のみ必要です。また、午後1時から整理券を配布いたしますので、箱館奉行所受付までお越し下さい。

 

尚、公演時間帯は通常のご入館・ご見学いただくお客様をお迎えしながらの公演となりますので、ご着席は公演開始時刻の15分前からといたします。

 

※専用駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用下さい。また、コロナウィルス感染予防対策といたしまして、ご入館時にアルコール手指消毒、マスクの着用等ご協力をお願い致します。

 

皆様のご来館をお待ち申し上げます。

6月25日(土)13:00から箱館奉行所 大広間に於きまして、北海道出身のノンフィクション作家 合田一道氏をお迎えし、歴史講座「箱館戦争 榎本武揚3つの決断」を開催いたしました。令和2年度・3年度と計画したものの、新型コロナウィルスの影響で開催できず、3年ぶりにようやく開催することができました。

3つの決断・・・江戸品川沖から蝦夷へ向かう決断、海律全書を新政府に贈る決断、二君に仕える決断について、古文書を読み解きながらのお話を、ご参加の皆様はメモを取りながら熱心に聞いていらっしゃいました。

最後には、次回の講演を期待する大きな大きな拍手をいただき、好評裏に終了いたしました。

箱館奉行所は、箱館戦争時に旧幕府脱走軍の本拠地となった場所。153年前のこの時期に、この場所に居た榎本武揚についての興味深いお話をうかがい、ご参加の皆様には当時に思いを馳せていただけたのではないでしょうか。

合田一道先生

合田一道先生

熱心にメモを取る参加者の皆様

「体験講座 風呂敷でラッピング」終了しました

6月4日(土)、箱館奉行所近習詰所にて「体験講座 風呂敷でラッピング」を開催いたしました。

13:00~と14:30~の各1時間、初めに風呂敷の歴史やサイズの種類について簡単にお話しした後、実際に風呂敷を使って、基本となる「一つ結び」、「真結び」という結び方を覚えていただき、それを応用する「ワインボトル包み」や「リボン包み」などの様々な包み方や、日常で役立つショッピングバッグとして活用する方法など、数種類をご紹介しました。

日本の伝統文化「風呂敷」の魅力に触れていただき、参加者の皆様からは「風呂敷はSDGSにも役立つ立派な日本文化という考えを再認識しました。布一枚で役立つものですし、今後も活用していきたい」といったご感想をいただきました。

 

5月21・22日の2日間、箱館五稜郭祭協賛会様の主催の「第53回箱館五稜郭祭」が開催されました。

戊辰戦争最後の戦い「箱館戦争」の舞台となった五稜郭、そこにまつわる歴史を後世に伝えることを目的として、昭和45年(1970)から行われています。

一昨年、昨年と新型コロナウィルス感染症の影響により碑前祭のみの開催でしたが、今年は、3年ぶりの通常開催となり、1日目は碑前祭、土方歳三コンテスト全国大会、2日目は維新行列パレード、開城セレモニーが行われました。

箱館奉行所でもこの五稜郭祭を共に盛り上げたく、両日「画像で振り返る 箱館戦争 と五稜郭祭」と題するスライドショーを実施。大広間二之間と三之間の間の4枚の襖を閉め、そこに拡大投映しました。

10時から16時まで毎時、BGMと共に約15分間投映

 

【前半】2019年に行われた第50回記念の箱館五稜郭祭を紹介

 

【後半】箱館戦争関係の画像を紹介

土方歳三ご子孫で土方歳三資料館館長の土方愛様にもご覧いただけました。

お客様に五稜郭と箱館奉行所、箱館戦争への理解を深めていただき、当時へ思いを馳せていただけたことと思います。

2022年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             

ウェブページ

月別アーカイブ

ウェブページ